太陽光発電投資で収益を上げるためには

太陽光発電を導入した事例、設置費用と回収期間や利回りがどうなるかについて考慮すると、机上計算における算出分は導入業者の状況に応じて、さまざまな状況を踏まえて変わることになります。

 

まず導入時のイニシャルコストの検分ですが、設置費用としてシステム代とその工事費がかかり、発電量の見込みを算出してもらった上で全量買取制度を使用して収益化することになります。

 

その際に実際のシステム構築からの回収期間を費用対効果とするわけですが、利回りを考慮するとだいたい10年もあれば回収できる計算となります。
但し、上記の計算はまさに机上の空論であり、実際にはランニングコストによって収益から削減される部分のコストがかかってくることになります。

 

元々、導入を進めてくる業者の言い分をそのまま鵜呑みにして太陽光発電を導入した場合、業者の煽りも含めてついつい扇動させられることになりますが、正しい知識を有した認識をしておかないと大損することになってしまいます。

 

実際のランニングコストの種類としては設備の経年劣化と発電量の下降が発生することと、費用対効果を算出した時の設備が中途で故障、およびメンテナンスのリスクを考慮しなければなりません。

 

上記の内容をきちんと考慮した上での試算を行なわないといけないので、まずは各サイトで相見積もり取得を行なうことが重要となります。

Comments are closed.