初期投資を早く回収するポイント

現在、太陽光発電は一般家庭にも普及しています。

 

 

その理由としてては、エネルギー源である太陽光は無料で無限に使用できるということがあります。

 

また、発電の時に排出物が一切ないというクリーンな発電方法なため、自治体なども補助金などで設置を促進しています。

家庭用のほかに、産業用の太陽光発電というものもあります。これは太陽光発電所をつくって発電をし、その電気を売却するという事業です。

産業用太陽光発電は、20年間買取り価格が保証されるため、現在注目をされています。

 

 

より多くの利益をあげ、早く設置費用を回収するためには発電量を多くすることが必要です。

 

 

発電量を多くするためにはソーラーパネルを多く設置すればよいのですが、土地をそんなに用意できないという場合には、限られた土地の中でいかに発電量を増やすかという工夫が必要になるでしょう。そこで注目されるものにエネルギーの変換効率というものがあります。

 

これは、光エネルギー(太陽光)をどのくらいの割合で電気に変えることができるかということを示すものです。

 

変換効率が高ければそれだけ多くの電気を発電することができるのです。これは、ソーラーパネルの種類や太陽光発電装置全体の性能によって異なってきます。

Comments are closed.