事業収支シュミレーションをしよう

東日本大震災を経て、エネルギーに対する見方が日本で大きく変わりました。それまでは、原発を稼動して安価で大量のエネルギーを取得していましたが、震災が起こることによってデメリットも露呈してしまう結果となりました。

 

 

原発をやめてエネルギーを確保する手段を企業が模索する状態へと移行しました。

 

 

その結果として、人気を集めているものが太陽光発電です。建物の屋根に太陽光発電ができる機械を設置することで自然エネルギーを利用して発電することができます。

 

原発と違って、安全性は確保されており、今では一般家庭でも行っている家庭がそんざいします。

 

太陽光発電のメリットは自分で使う分の電力をまかなうだけでなく、余った電力を売ることができるというメリットもあります。

 

最初から電力をまかなうことを考えず、販売をすることで収益を得ることもできるようになっています。

 

しかし、どのくらい発電したりすれば収益がプラスになるのかを計算するのは難しいです。そのため収益の見積もりをシュミレーションできるものを使うのがベストです。

 

 

太陽光発電の本体価格やランニングコストを入力することで、どれくらいの収益がでるのかというのを見積もりをだすことができます。

Comments are closed.