グリーン投資減税について

桜

 

 

 

 

会社員のように雇用契約を結んで働いている人は、源泉徴収が行われ、年末調整によって納税の処理が完了するのが一般的です。しかし、個人で事業を営んでいる人の場合は源泉徴収・年末調整のシステムが無いため、確定申告を行うことで所得税などの税金を納めることになります。その際、さまざまな優遇措置を受けられる場合があるので、制度について理解しておくことが大切です。特に、青色申告書を提出して納税する個人事業主の場合は、優遇措置を受けるかどうかが大きな関心事になります。

 

 

たとえば、青色申告書を提出する個人・法人が一定の設備を取得してから1年以内に、事業に用いることにした場合の優遇措置があります。設備の取得価額の30パーセントの特別償却、または7パーセントの税額控除のいずれかを選択して、税金の減額措置を受けることができるのです。これは、グリーン投資減税と呼ばれる制度で、青色申告を行う事業者に大きな利益があります。

 

 

ただし、この制度を利用するためには、さまざまな条件や注意事項があるので、しっかりと確認しておく必要があります。青色申告の手続き自体は容易に行うことができますが、減税措置を受けることができるかどうかは、また別の問題なのです。

 

 

Comments are closed.