Author Archive

グリーン投資減税について

桜

 

 

 

 

会社員のように雇用契約を結んで働いている人は、源泉徴収が行われ、年末調整によって納税の処理が完了するのが一般的です。しかし、個人で事業を営んでいる人の場合は源泉徴収・年末調整のシステムが無いため、確定申告を行うことで所得税などの税金を納めることになります。その際、さまざまな優遇措置を受けられる場合があるので、制度について理解しておくことが大切です。特に、青色申告書を提出して納税する個人事業主の場合は、優遇措置を受けるかどうかが大きな関心事になります。

 

 

たとえば、青色申告書を提出する個人・法人が一定の設備を取得してから1年以内に、事業に用いることにした場合の優遇措置があります。設備の取得価額の30パーセントの特別償却、または7パーセントの税額控除のいずれかを選択して、税金の減額措置を受けることができるのです。これは、グリーン投資減税と呼ばれる制度で、青色申告を行う事業者に大きな利益があります。

 

 

ただし、この制度を利用するためには、さまざまな条件や注意事項があるので、しっかりと確認しておく必要があります。青色申告の手続き自体は容易に行うことができますが、減税措置を受けることができるかどうかは、また別の問題なのです。

 

 

保証やメンテナンスもよく確認しましょう

不動産を所有している方の場合では、敷地内に太陽光発電システムを設置して、余剰電力の買い取りを利用することによって、一定の利益を得ることができます。

 

 

一般的な戸建て住宅であっても屋根部分だけではなく、カーポートや庭などのあらゆる敷地に対して太陽光パネルを設置することは可能とされています。

 

 

また、遊休地などを持っている方の場合では、小さな発電所のようなものを作り上げることも可能で、土地の有効活用に貢献することが十分に可能になります。

 

 

そんな中、太陽光発電システムは永久に使用できるものではなく、各メーカーが発表しているケースも見受けられますが、大よそで20年もの耐久性を確保できるともされています。

 

 

しかし、機械部品を多く使用する機器類になるために、一定期間を使用していると故障を起こしてしまうこともあり得ます。

 

そんな時には施工する業者や、太陽光パネルのメーカーによって保証期間というものが設定されているケースも見受けられます。代表的なものでは10年間を無償で直すことを約束しているものや、業者によって独自に定めているメンテナンスの期間というものも用意されています。

 

特にメンテナンスでは、各パーツの不具合を早期に発見する役割を持っており、一定の利益を確保するためには大切な部分になります。

紅葉と川

 

 

 

自分での回収期間・収支の計算方法

紅葉03

 

 

太陽光発電システムを設置して一定の収益を上げるためには、減価償却を伴う計算を行うことが必要になります。

 

 

例えば太陽光発電システムを一般的な戸建て住宅に設置する場合で、120万円の設置費用が掛かった場合では、毎月の発電量と電気の使用量、そして売電量をチェックすることが大切になります。早期に設置費用を回収することを希望している方も多く、その計測方法としては正しい数字の読み取り方を知っておくことが必要です。

 

 

具体的には太陽光発電システムを設置する前に使用していた電気料金が、例えば年間に8万円だとした場合、設置後に使用している電力が6万円に下がっていて、尚且つ売電量が年間に10万円の場合では、約12年間で回収できるということになります。しかし、この数字の場合では、ごく単純に収支を見ていることになり、例えば太陽光発電システムを設置するにあたって、オール電化などにしている場合では、これまで支払ってきたガス代や石油代などが削減されていることになります。

 

 

そのため、住宅の設備の環境によっても大きく異なる部分となりますが、多くのケースで設置後にはより一層節電意識が高まることになり、その結果として試算上の期間よりも短期間で回収することも不可能ではありません。

事業収支シュミレーションをしよう

東日本大震災を経て、エネルギーに対する見方が日本で大きく変わりました。それまでは、原発を稼動して安価で大量のエネルギーを取得していましたが、震災が起こることによってデメリットも露呈してしまう結果となりました。

 

 

原発をやめてエネルギーを確保する手段を企業が模索する状態へと移行しました。

 

 

その結果として、人気を集めているものが太陽光発電です。建物の屋根に太陽光発電ができる機械を設置することで自然エネルギーを利用して発電することができます。

 

原発と違って、安全性は確保されており、今では一般家庭でも行っている家庭がそんざいします。

 

太陽光発電のメリットは自分で使う分の電力をまかなうだけでなく、余った電力を売ることができるというメリットもあります。

 

最初から電力をまかなうことを考えず、販売をすることで収益を得ることもできるようになっています。

 

しかし、どのくらい発電したりすれば収益がプラスになるのかを計算するのは難しいです。そのため収益の見積もりをシュミレーションできるものを使うのがベストです。

 

 

太陽光発電の本体価格やランニングコストを入力することで、どれくらいの収益がでるのかというのを見積もりをだすことができます。

太陽光発電投資で収益を上げるためには

太陽光発電を導入した事例、設置費用と回収期間や利回りがどうなるかについて考慮すると、机上計算における算出分は導入業者の状況に応じて、さまざまな状況を踏まえて変わることになります。

 

まず導入時のイニシャルコストの検分ですが、設置費用としてシステム代とその工事費がかかり、発電量の見込みを算出してもらった上で全量買取制度を使用して収益化することになります。

 

その際に実際のシステム構築からの回収期間を費用対効果とするわけですが、利回りを考慮するとだいたい10年もあれば回収できる計算となります。
但し、上記の計算はまさに机上の空論であり、実際にはランニングコストによって収益から削減される部分のコストがかかってくることになります。

 

元々、導入を進めてくる業者の言い分をそのまま鵜呑みにして太陽光発電を導入した場合、業者の煽りも含めてついつい扇動させられることになりますが、正しい知識を有した認識をしておかないと大損することになってしまいます。

 

実際のランニングコストの種類としては設備の経年劣化と発電量の下降が発生することと、費用対効果を算出した時の設備が中途で故障、およびメンテナンスのリスクを考慮しなければなりません。

 

上記の内容をきちんと考慮した上での試算を行なわないといけないので、まずは各サイトで相見積もり取得を行なうことが重要となります。

初期投資を早く回収するポイント

現在、太陽光発電は一般家庭にも普及しています。

 

 

その理由としてては、エネルギー源である太陽光は無料で無限に使用できるということがあります。

 

また、発電の時に排出物が一切ないというクリーンな発電方法なため、自治体なども補助金などで設置を促進しています。

家庭用のほかに、産業用の太陽光発電というものもあります。これは太陽光発電所をつくって発電をし、その電気を売却するという事業です。

産業用太陽光発電は、20年間買取り価格が保証されるため、現在注目をされています。

 

 

より多くの利益をあげ、早く設置費用を回収するためには発電量を多くすることが必要です。

 

 

発電量を多くするためにはソーラーパネルを多く設置すればよいのですが、土地をそんなに用意できないという場合には、限られた土地の中でいかに発電量を増やすかという工夫が必要になるでしょう。そこで注目されるものにエネルギーの変換効率というものがあります。

 

これは、光エネルギー(太陽光)をどのくらいの割合で電気に変えることができるかということを示すものです。

 

変換効率が高ければそれだけ多くの電気を発電することができるのです。これは、ソーラーパネルの種類や太陽光発電装置全体の性能によって異なってきます。

太陽光投資で失敗しないためのポイント

最近では、一般住宅でも屋根に太陽光発電のパネルを載せているのをよく見かけるようになりました。これから電気代が上がることはあれ、下がることはないので、電気代をいかに節約するかということを考える方が多い証拠でしょう。

 

この太陽光パネルの取り付けですが、色々な設置業者がいます。言葉巧みに太陽光パネルの設置を勧めてくる業者の中には、しっかりとした説明もなく、ただ取り付けたらあとは知りませんといった業者も多くあります。そういった業者に騙されないためにも、良い業者を探さなければなりません。

 

良い業者を見分けるポイントとして、太陽光発電の特徴の説明は当然のこと、設置後のシュミレーションをしっかりとしてくれるというところをチェックする必要があります。国や県の補助など様々あるために、素人にとって設置にいくらかかるのか、設置後の費用、売電した場合に一ヶ月でどのくらいの金額になるのだろうか等を詳しく説明してくれるかが設置者は心配するところです。

 

これらをシュミレーションを踏まえて、明確に、疑問点を全て教えてくれる業者を探してください。この点を踏まえるだけでも、良い業者と悪い業者を区別することが容易になります。まだまだ高額な太陽光パネルですので、あとから後悔しないよう気をつけて下さい。

太陽光発電投資の将来性

紅葉

 

太陽光発電はクリーンエネルギーとも呼ばれている通り、有害物質を出すことなく発電できるシステムになり、今日ではエコを推進する観点からも設置を行うことが推奨されているものになります。

 

一定の面積を持つ不動産を持っている方の場合では、効果的に土地を活用するために、太陽光発電のシステムを大量に設置することも行われています。

 

企業などが手掛けているような大規模の場合ではメガソーラーと呼ばれているものまで存在しています。

 

どのような規模であっても、一定の収益を見込むためには将来性について考えてみることも良い方法になります。

 

電力は必ず必要になる資源になるために需要というものは十分に見込むことができます。現在では各電力会社によって電気の買取りを行うシステムも構築されているのですが、将来を見据えた場合では、売電できる単価が下がるという予測も行われています

 

。しかし、大掛かりな発電システムを設置している場合では、例えば企業や工場などで使用する電力を賄うことができたり、一つの町で使用できる電力までもカバーできる可能性を秘めています。

 

電力は必要不可欠な資源となっているために、各電力会社よりも安い単価で売電することも将来的には可能となる場合も十分にあります。

太陽光発電への投資が人気な理由

太陽光発電の導入は、売電による定期収入が期待できることから家庭用から産業用まで幅広く行われており、日本でも普及しつつあります。つまり、現在導入しておけば、将来に渡り半永久的に収益を得ることが期待できるといった点から人気になっています。

 

 

また一度設置を行えば、その初期費用にかかった金額を数年程度で回収できる見込みもあり、しかも導入によってのリスクもあまりないということもメリットです。またその太陽光発電の導入が人気となっている背景については、発電した電力をそのまま利用するよりは、一度売電を行い、それから自分の家庭や事業所等で使う電気を購入した方が断然お得であるからです。

 

 

つまり、売電収入から買電収入を減じた金額がそのまま収益になるという図式が成り立つからです。初期費用にかかる金額を金融機関から一括して調達を行い、その利回りと返済金額を十分と売電収入で賄う見込みも立つ場合も多いです。

 

 

もし初期費用と資金を借りたことによる利回りを返済しきった場合、売電収入がそのまま収益になる計算となり、将来的にはお得感もあります。しかも年々、初期費用にかかる金額も減っている現実もあります。

 

 

なお再生可能エネルギーの買取金額が10年間も拘束されるというのは魅力で、大概早くて5年、遅くても8年で資金調達の利回りとその元本返済も可能なので導入しやすいのも人気となる理由です。

光と自然とうしにn