投資対象としての太陽光発電について

一昔前までは限られた場所でしか聞きませんでしたが、年々知名度が上がってきて今では電気を作る手段として最も注目を浴びている太陽光発電。

 

これの利点としては電気をわざわざ自分達で買わずとも自家発電として作り出せる上に、その作り出した電気を電気会社が売ることができるということであり、買う側から売る側に転向できるというわけです。

 

そして太陽光発電で作られた電気は一定量作り出せば全て買い取ってもらえるという制度になっており、その収入は侮れないものがあるため、太陽光発電を事業として組み込む企業も増えてきています。

 

電気代が浮く上にその電気自体も利益となり、その利益の期間も長期間と約束されている。

 

企業としては非常に魅力的な投資の対象であるでしょう。

 

が、もちろんいいことづくめではなく、ただ単に設置工事をするだけでは損する可能性もあります。設置工事自体にも相当な費用がかかるからです。

 

なので確実に利益を出すように見込むためには設置にかかるコストと、その保証に対しても考えておく必要があります。

 

というのも確かに長期間の利益は「現在」は約束はされているのですが、これが本当にその期間続くとは限りません。なのでそこら辺のリスクも考えなければいけない対象ではあります。